チャンプ学習スクール

宮城県内の仙台近郊に密着した学習塾「チャンプ学習スクール」CHAMP/集団指導・個別指導/小・中・高一貫指導

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 申し込み









先日,宮城県教育委員会から

公立高校入試新制度について,
概要が発表されました。

2020年度,つまり現中学2年生

入試から新制度となります。

チャンプでは,
独自の視点で新入試制度
まとめましたので,前編·後編の2回に
分けて紹介します(^^)


今回は《後編》になります。
ぜひ《前編》もご覧ください。


=================

後編で取り上げるテーマは
次の3つです。


【1】共通選抜の特徴
【2】特色選抜の特徴
【3】各高校の選抜スタイル



【1】共通選抜の特徴 



共通選抜は,これまでの
後期選抜とほぼ変わりません!


学力検査点と調査書点を相関図
当てはめて審査するので,
各点数を100点満点に換算すると
考えることができます。
その上で,各高校ごとに
学力検査点と調査書点に比重

設けています。

また,実技4教科については
調査書点が2倍となります。
5教科と違い,定期考査の回数が
少ないためと思われますが,
何気に重要ポイントです。

【2】特色選抜の特徴 




特色選抜は共通選抜と違って,

 ①学力検査点
 ②調査書点
 ③面接・実技・作文

合計点となります。
そのため,どの項目の点数が高いのか
を見れば各高校が何を重要視するのか
が見えてきます。

(それについては後述します。)

これに加えて「調査書の記載事項」
審査対象になります。

 ※調査書の記載事項とは・・・
  →部活動での県大会出場記録,検定試験3級
   以上の取得,委員会活動など。


【3】各高校の選抜スタイル

前編でもお伝えした通り,
チャンプでは,
仙台南地区·仙台北地区の23校·40学科
について,選抜割合を分析しました。


前期選抜 = 特色選抜
後期選抜 = 共通選抜

として,
今年度の選抜割合と比較したところ,
次のようになりました。



多くの高校・学科で
共通選抜を重視している
ことが
分かります。
受験が1発勝負になることも踏まえて
これまで以上に,早いうちから準備を
していかないといけません!


また,
②特色重視』『③今年度と同等』に
ついて,特色選抜のパターンをまとめる
と次のようになります。



特色選抜を大きく分類分けすると,
この5パターンになります。

高校・学科によって重要視している
項目が異なります。
詳しくは,
宮城県 高校教育課のHPでも
ご確認ください。

=================

新入試制度が導入されることによって
どうなるのか,まだ分からない部分が
多いです。

ただ,できる準備をしておくことは
非常に重要
です。


『準備8割・本番2割』

誰よりも早く,
新入試制度対策を始めましょう!!

チャンプでお手伝いできることが
あれば,お問合せください(^^)


ーーーーーーーーーー

お問合せ・お申し込みは以下から
お願い致します(^^)/

 
お問い合わせ 申し込み 上へ